学ぶ・知る・B型肝炎




B型肝炎ウイルス感染の予防



他人の血液になるべく触れないことが大切です。常識的な社会生活を心がければ、感染することはないと考えられています。
具体的には、以下のようなことに気をつけて下さい。
△歯ブラシ、カミソリなど血液が付いている可能性のあるものを共用しない。
△他の人の血液に触るときは、ゴム手袋を着ける。
△注射器や注射針を共用して、薬物(覚せい剤、麻薬等)の注射をしない。
△入れ墨やピアスをする時は、消毒済みの器具であることを必ず確める。
△よく知らない相手との性交渉にはコンドームを使用する。
以上の行為の中には、そもそも違法なものが含まれています。感染する危険性が極めて高いことは言うまでもありませんが、違法行為は行わないことが基本です。
なお、現在、献血された血液はB型肝炎ウイルスのチェックが行われており、ウイルスが含まれる場合は使用されていません。
B型肝炎ウイルスに感染している場合、あるいは感染の疑いがある場合には、検査の目的での献血は決して行わないでください。
他人の血液に触れる機会が多い医療関係者は、あらかじめB型肝炎ワクチン(HBワクチン)を接種しておくことをお勧めします。また、B型肝炎ウイルス陽性の血液により汚染された場合には、HBsヒト免疫グロブリン(HBIG)の投与により感染を予防することができます。



学ぶ・知る・B型肝炎