学ぶ・知る・B型肝炎




B型肝炎ウイルスの検査



B型肝炎ウイルスに感染しているかどうかは、血液を検査して調べます。
血液検査では、まずHBs抗原(B型肝炎ウイルスを構成するタンパクの一部)を検査します。検査でHBs抗原が検出された場合、その人の肝臓の中でB型肝炎ウイルスが増殖しており、また、血液の中にはB型肝炎ウイルスが存在するということを意味します。
血液の中にHBs抗原が検出された人の中にはB型肝炎ウイルスに初めて感染した人とB型肝炎ウイルスに持続感染している人(HBVキャリア)とがいます。



学ぶ・知る・B型肝炎