学ぶ・知る・B型肝炎




B型肝炎ウイルスの感染経路



B型肝炎ウイルスは、主として感染している人の血液が他の人の血液の中に入ることによって感染します。また、感染している人の血液中のB型肝炎ウイルスの量が多い場合は、その人の体液などを介して感染することもあります。
具体的には、以下のような場合には感染が起こることがあります。
△注射針・注射器をB型肝炎ウイルスに感染している人と共用した場合
△B型肝炎ウイルス陽性の血液を傷のある手で触ったり、針刺し自己を起こした場合(特に、保健医療従事者は注意が必要です。)
△B型肝炎ウイルスが含まれている血液の輸血、臓器移植等を行った場合
△B型肝炎ウイルスに感染している人と性交渉をもった場合
△B型肝炎ウイルスに感染している母親から生まれた子に対して、適切な母子感染予防措置を講じなかった場合(ただし、高力価HBsヒト免疫グロブリン:HBIGとB型肝炎ワクチン:HBワクチンを正しく用いて母子感染予防を行えば、感染することはほとんどありません。)

常識的な社会生活をこころがけていれば、日常生活の場では、HBVに感染することはほとんどないと考えられています。
なお、以下のような場合には、B型肝炎ウイルスは感染しません。
△B型肝炎ウイルスに感染している人と握手した場合
△B型肝炎ウイルスに感染している人と抱き合った場合
△B型肝炎ウイルスに感染している人と軽くキスした場合
△B型肝炎ウイルスに感染している人の隣に座った場合
△B型肝炎ウイルスに感染している人と食器を共用した場合
△B型肝炎ウイルスに感染している人と一緒に入浴した場合




学ぶ・知る・B型肝炎